ATOS family

パワフルな3システム

デジタル化した3Dデータを利用し、GOM Inspectで詳細な分析が行えます。複数の仮想位置合わせを1つのデータに適用することで、断面評価を含めた様々な解析が行えます。また、仮想組立や表面欠陥の可視化・解析機能も備えています。また設計段階での検査ポイント定義機能も含まれています。

The ATOS 5 製品カテゴリ


ATOS 5 for Airfoil

微細形状を正確にスキャン

光源
LED
1スキャンあたりの計測ポイント数
1200万点
測定距離
530 mm

ATOS 5

高速3D スキャニングシステム

光源
LED
1スキャンあたりの計測ポイント数
800万点または1200万点
測定距離
880 mm

ATOS 5X

大きな測定範囲採用と自動化

光源
レーザー
1スキャンあたりの計測ポイント数
1200万点
測定距離
880 mm

ハードウェア、ソフトウェアの強力な組み合わせ

ATOS5の強みは、高度なハードウェアとインテリジェントなGOMソフトウェアの組み合わせにあります。全機種において高精度、高解像度、高速スキャンを実現しています。GOM Inspectはこのデータを使用して、検査、分析、アダプティブマシニング、シミュレーション、リバースエンジニアリングのベースとなる実部品のデジタルツインを作成します。ATOS 5カテゴリには170m㎡から1000m㎡の測定範囲を持ち、様々な計測業務をこなすATOS 5と、大きな測定範囲で自動計測を行うために超高精度レーザー光源を搭載したATOS 5Xがあります。新製品ATOS 5 for Airfoilはタービンブレードに最適な測定システムです。

圧倒的な細部表現: ATOS 5 for Airfoil

ガスタービン部品の製造、メンテナンス、改修には非常に小さな公差が要求されます。最適化されたカメラから測定物までの距離と100 × 70m㎡の測定範囲を持つATOS 5 for Airfoilは手動、自動両方の測定手法を適用でき、高精度な3Dデータを提供します。従来の接触式座標測定機と比較して、測定時間を大幅に短縮し、大きなメリットをもたらします。ファンブレードは約15分、複雑なブリスクを約2時間でデジタル化します。

バーチャルでのデータ活用

デジタル化した3Dデータを利用し、GOM Inspectで詳細な分析が行えます。複数の仮想位置合わせを1つのデータに適用することで、断面評価を含めた様々な解析が行えます。また、仮想組立や表面欠陥の可視化・解析機能も備えています。また設計段階での検査ポイント定義機能も含まれています。