ATOS 5シリーズ

パワフルな3システム

高精度のオプトエレクトロニクス、パワフルなソフトウェア、特徴的なブルーライトプロジェクション。これらがGOMの工業用3Dスキャナを魅力的なものにしています。ATOSを使用するエンジニアは最先端のテクノロジーを楽みながら利用しています。ATOS 5 for AirfoilはATOS 5シリーズに追加された新システムです。航空産業やガスタービン産業におけるタービンブレードの検査に利用されています。

ATOS 5シリーズ


ATOS 5 for Airfoil

最高解像度で細部を表現

光源
LED
計測ポイント数(1スキャン)
1200万点
測定距離
530 mm

ATOS 5

高速3Dスキャンシステム

光源
LED
計測ポイント数(1スキャン)
800万点または1200万点
測定距離
880 mm

ATOS 5X

大きな測定範囲での自動測定

光源
レーザー
計測ポイント数(1スキャン)
1200万点
測定距離
880 mm

ハードウェアとソフトウェアの強力な組み合わせ

ATOS 5システムの強みは先進的ハードウェアとインテリジェントなGOMソフトウェアの組み合わせにあります。全機種において高精度、高解像度、高速スキャンを実現します。GOM Inspectは検査、解析、アダプティブマシニング、シミュレーション、リバースエンジニアリングの基礎となる実部品のデジタルツインを作成します。ATOS 5シリーズは170mm²から1000mm²の測定範囲を持ち、さまざまな計測業務に対応するATOS 5と、より大きな測定範囲で自動測定を行うための超高輝度レーザー光源を搭載したATOS 5Xがあります。ATOS 5 for Airfoilはタービンブレード測定に最適なシステムです。

最高解像度で細部を表現:ATOS 5 for Airfoil

タービン部品製造、メンテナンス、改修には厳しい公差が要求されます。ATOS 5 for Airfoilは最適化された対象物までの測定距離と100×70mm²の測定範囲により手動、自動両方で高精度3Dデータを提供します。従来の接触式座標測定機と比較し、測定時間を大幅に短縮することができます。ファンブレードは約15分、複雑なブリスクは約2時間でデジタル化します。

バーチャル評価の大きな可能性

デジタル化した3Dデータを利用し、GOM Inspectで詳細な分析が行えます。複数の仮想位置合わせを1つのデータに適用し、断面評価を含めたさまざまな解析が行えます。さらに仮想組立てや表面欠陥の可視化、解析機能も備えています。設計段階での検査定義機能も含まれています。