ATOS 5

ミクロン精度を追求

ATOS 5 は駆動、発電タービンの翼型プ ロファイル検査用に高品質3D データを 提供します。

ガスタービンやジェットエンジン部品は過酷な条件下で確実に機能しなければなりません。巨大かつ物理的な力が常に翼型や運転中の構造部品に衝撃を与えます。技術者は、設計、生産、定期的なメンテナンスに至るライフサイクル全体において、材料やテクノロジーの中の微細な変化を見分けなければなりません。小さな変化が、遥か先の部品故障につながる可能性があります。このためにGOMシステムがあり、試験工程でお客様に貢献することができます。

高品質を要求する部品のための多目的テスティングシステム
高解像度光学式デジタイザである ATOS Triple Scan のリリースによって、GOMの製品ポートフォリオに2D と 3D の翼型検査を行うため完璧に適したスペシャリスト向け装置が加わりました。ファンブレード、ブリスク、あるいは単結晶鋳造部品の自由曲面や鋭角なエッジなどの非常に複雑な形状を、部品検査プロセスの一部として正確に測定、検査することができます。品質担当エンジニアは詳細な 3D モデルから製造工程の中に存在する問題を理解し、定量化します。実測データと基準データの比較はカラーマップで差分表示され、形状、位置、肉厚などの2D、3D分析を可能とします。

シミュレーションのための理想的なデータベース
ガス、あるいはガス混合物がタービンブレードに当たるとき、空気の流れが生じます。これは多大な時間をかけなければシミュレーションできません。タービンブレードが安全かつ効率的に作用できるよう、衝撃の力はできる限り正しく識別されなければなりません。GOM システムは部品のデジタルツインを生成することができます。このデータは、個々の部品の検査と分析をさらに進歩させるものとして、シミュレーションで利用されます。

翼型検査

  • バーチャル測定室(VMR)を含むATOS ScanBox
  • 自動フォトグラメトリー
  • 完全自動検査のためのKioskインタフェース
  • GOM Inspect と GOM Inspect Professionalソフトウェア
  • 特定断面検査
  • 断面間の放射状検査
  • 会社ごとに特化した検査計画の構築

この記事を共有