ATOS Core

3D金属プリンタ ーのための光学 3D計測

品質管理とリバースエンジニアリ ングのための光学3Dスキャナー ATOS Core

ATOS Core は、セラミックコア、鋳造、プラスチック等の小型、中型部品を 3D 計測するために使用されています。簡単な 3D スキャンから完全自動計測、検査プロセスで使用することができます。

Rolf Lenk Werkzeug- und Maschinenbau GmbHと協力し、光学 3D スキャナーATOS Coreは、3D プリントプロセスの中で使用されています。ドイツ、ハンブルクの近く、アーレンスブルクにあるこのエンジニアリング会社は、3Dプリンティングを専門分野の1つとしています。3Dスキャナーは、3Dプリントされた、1967年のキャディラック・エルドラドのエンジンフロントカバーを測定するため使用されました。

3D プリンタを使って部品を作るときは幾何要素の寸法を正確に保証することが重要です。そして3D プリントプロセスにおいて引き起こされる収縮とねじれに対処しなければなりません。この時、問題が発生していないかを調べるため光学計測が活用されます。製造プロセス中に特定されたパラメータの変動も、正確に記録しなければなりません。Rolf Lenk社でエンジンフロントカバーを 3D で製造する際、GOMのテクノロジーは正確なコピーを作ることができ、どんな形状の変形も製造プロセス中に特定し、修正することができます。

光学計測技術によって、Rolf Lenk社は3Dプリントプロセス全体をサポートすることができます。これは、部品形状と、ねじれや収縮による変形を捉えることから始まり、完成部品の検査でも使用します。標準的な計測テクノロジーと比較すると、光学計測プロセスは複雑な形状を測定するときにも利点があります。具体的な例として、自由曲面における変形を素早く特定できます。

この記事を共有