インライン計測

計測はインラインへ

GOMとZEISSは高品質で効率的な製造のためのマイルストーンとなる生産ラインへの測定システム統合に取り組んでいます。スマートファクトリーでは測定室からの結果を待つことなく、インラインで正確かつトレーサブルな測定結果を絶対基準で提供することが必要です。これにより生産管理ループに必要となるデータが提供されることとなります。

完全なインライン計測

今日現在、インライン測定システムは自動車の生産工程を監視しています。しかし、検査計画に定められた完成車の完全な生産品質は管理できていません。生産品質を評価するためには、インラインで記録された測定データと測定室での結果を相関させる必要があり、複雑かつ時間のかかるプロセスが必要です。GOMとZEISSの測定システムは相関取りを必要とせず、初回部品から信頼性の高い測定データを提供できます。

ZEISS: AICell trace

ボルト、穴、エッジ等の検査フィーチャーを1秒単位でインライン測定することができます。高精度かつ高速なZEISS AIMAX cloud 3Dセンサにより、生産サイクルに合わせたインライン検査が可能となります。ZEISS AICell traceに採用された新しいトラッキング技術により、座標測定機との相関取りが不要となりました。つまり、初回部品から信頼性の高い、トレーサブルな測定データ及び検査データを得ることができ、インラインに必要な80検査フィーチャーを100%検査できます。アンダーボデー向けに最大300検査フィーチャーをローリングベースで測定することができます。

GOM: ATOS ScanBox

検査フィーチャー測定後、ATOSはルーフ、アンダーボディ、サイドボディ、車両内部を含めて車両全体をデジタル化します。GOMが開発した8軸動作システム(走行軸、垂直軸、6軸ロボット)はセンサ位置を最適なポジションに配置できます。センサは1スキャン最大1200万点で面単位の3D座標を取得します。結果としてホワイトボディのデジタルツインを作成できます。デジタルツインとCADデータの偏差の確認はもちろん、ドアやリアハッチの3Dデータを利用し、バーチャル上で組み立てて隙間、段差を分析できます。

Carsten Reich,博士 自動化責任者