バーチャルクランピング

仮想(バーチャル)世界

バーチャルクランピング は従来の治具を必要とせず、部品承認プロセス全体のスピードアップを実現します。この先進的技術はプレス板金やプラスチック部品のために作られました。また、ユニバーサル吸着装置を含めて提供することにより、非剛体部品も精密に測定できます。

ストレスフリーなシミュレーション

一般的にプレス板金やプラスチック部品は品質評価のため、様々な治具を利用して測定されています。治具は組立状態をシミュレーションし、成形工程で生じる反りや、スプリングバックを補正する事を目的として利用されています。今まではこの治具に費用と時間をかけてきました。バーチャルクランピングソフトウェアを使用すると、変形モデルを使用して、部品のクランプ状態を計算できるようになります。これにより、実際にクランプした状態の部品と結果は正確に一致し、再現性のある測定データを得ることが出来ます。バーチャルクランピングは、治具の必要性をなくし、測定者のプレッシャーを軽減するだけでなく、部品をより早く評価できるため、部品の承認プロセス全体をスピードアップさせることができます。

1つの装置ですべてを固定

これまで測定者は、補強用シートや射出成形部品などの非剛体部品を様々な治具を使って所定位置にクランプしなければなりませんでした。これからはユニバーサル吸着装置と重力補正機能を利用して実際の部品の取り付け位置を気にせずに測定することができるようになります。この装置は多数の中・小型部品に対応し固定できるため、様々な種類の治具を置き換えることができます。